美容師になるには

人を美しく変身させる事が出来る美容師は、とても人気の職業です。
では、美容師になるにはどうしたら良いのでしょうか?

美容師免許は国家資格

美容師になるには美容師免許が必要です。美容師免許は国家資格です。これに合格しなければ美容師にはなれません。
試験は、学科と実技の2種類あり、両方に合格しなければいけません。
そして、試験は誰でも受けられるわけではありません。試験資格がある人でないと受験できません。
試験資格は、美容学校で定められた課程を修了した人、となっています。
この定められた課程というのは、厚生労働大臣指定の美容学校で、昼間・夜間部は2年、通信部は3年の修業期間があります。

美容師試験は難しいのか

美容師試験は、どの試験についても言える事ですが、真摯な態度で臨まなければ合格できないでしょう。
他資格試験の中では、比較的合格率が高い試験だと言えますが、筆記と実技の2種類がありますので
準備なしでいきなり合格などは到底無理です。
筆記試験は、60%以上の正解率が必要です。毎日の勉強をきちんとこなして行けば合格できると思います。
どちらかといえば、実技試験で苦労する方が多いようですので、少しでも技術を磨くために日々練習する事が大切です。

美容師は免許を取得してからが大変

bgdfftrsths
晴れて合格できれば、美容師となれます。ですが、美容師の仕事は合格してからが本番と言えます。
まずは、自分の技術を磨くための就職先を検討しなければいけません。
美容師求人の情報サイトなどを利用して、自分と合うお店を選ぶ事が大切です。
無事にお店などに就職出来た後も、勉強と練習の日々が待っています。
技術を磨くだけではなく、お客様との接客も学ばなければなりません。

立派な美容師になるためには、大変な努力が必要です。
ですが、美容師という職業はどんなに苦労してもそれだけ報われる、大変やりがいのあるお仕事なので人気があるのでしょうね。
美容師免許を取得してこれからどのお店に就職しようかと悩んでいる方、美容師の就職活動には
他の業種と違ったちょっとしたポイントがあります。
美容師求人を行っているサイトや情報誌を見る前に参考にしてみてください。

お店を選ぶ際に注意したい事

今や美容室の数は、コンビニエンスストアの数よりも多い地域もあるぐらいたくさんあります。
どのお店で働きたいか選ぶだけで大変です。どんな点を頭に入れて考えたら良いのでしょうか。
サロンによってお店のコンセプトは様々です。個人経営かチェーン展開しているお店かでも変わってくるでしょう。
美容師免許取り立ての方が一番考慮するべきなのは、「そのお店で自分は成長できるのか?」という事です。
免許を持っていても、美容師としてはまだまだこれからです。そんなあなたの成長を手助けしてくれるお店を選ぶべきです。
お店によって「カラーを売りにしている」「カット技術には自信がある」等々、オーナーによって様々な売りがあります。
あなたが目指す美容師になるためにこれから伸ばして行きたい技術を売りにしているお店に行くのが一番です。

応募の際に注意したい事

美容師の場合、ネットで応募できるサイトも多いので、その場合は考慮する必要はありませんが
電話で応募する場合には数点注意するべき点があります。
まず、電話をかける時間帯ですが、始業時間と就業時間、お昼の休憩時間あたりは避けるのが良いでしょう。
どこのお店でも、これらの時間帯はバタバタしているので、迷惑になっては大変です。
いきなり要件を言わず、まずは自分の名前を名乗り、求人に応募したい旨を伝え、面接の約束と取り付けましょう。

履歴書作成で注意したい事

履歴書はもちろん手書きで、上手い下手ではなく丁寧な文字を書く事を心掛けましょう。
志望動機はあなたの熱意を心を込めて書きましょう。
自分がそのお店をどうして希望するのか、お店で学びたい事、そして自分が理想とする美容師像などをきちんと書きましょう。

美容師は人に夢や希望を与える事の出来る、素晴らしい職業です。どうぞ自分の夢を叶えて素晴らしい美容師になってください。
■美ジョブナビなら美容師求人情報を臨時配信中

更新情報

◆2015/12/04
美容師になるにはの情報を更新しました。
◆2015/11/29
美容師の転職先を新規投稿しました。
◆2015/11/28
美容師の接客を新規投稿しました。
◆2015/11/27
美容師と腰痛を新規投稿しました。
◆2015/11/26
美容師と手荒れを新規投稿しました。